旭工建は培ってきた建設ノウハウと確かな技術力で街、文化、安心、未来を創ります。

営業本部 引地 偉匡 2000年 入社

旭工建に入社した理由は?

叔父が建築関係に携わっていたのが、建築に興味を持ち始めたきっかけです。会社を訪問した時に和やかにとても明るく接してくれたのをすごく印象に残っています。その雰囲気に惹かれ入社を決めました。

職場の雰囲気は?

「和気あいあい」といった感じが特徴です。各部署との交流も明るい雰囲気で行われています。
その雰囲気の中にもメリハリはしっかりと存在し、仕事に対しては各社員で表現はあるものの真剣で熱いものがあります。

私の仕事とは?

民間・官庁を問わず工事案件を弊社物件にする事。つまり受注が営業の仕事です。
一つ一つの案件に対して情熱を注ぎ込み、受注へ繋がるように日々勉強をし、情報収集・分析、また顧客との信頼関係を築いていく事を心がけています。

この仕事のやりがい

私は、建築本部で現場監督として約11年のキャリアを積んで、営業本部へ異動してきました。
現場監督の時は、建物が完成した時の感動は言葉では表現できないものがありました。
営業の場合も同じく、案件が物件へと変わった瞬間は何とも言えない不思議な感動があります。
それは、情熱を注いだ分だけ大きくなり、次の案件への活力になり、自分自身の糧となるのでその喜びは何事にも勝ります。

ある日の仕事の流れ

08:45新聞朗読等
建設業界関連新聞及び一般の新聞に目を通します。
次にインターネットを使い諸官庁からの発注物件の確認。
10:00挨拶回り
お世話になっているお客様へ挨拶回り。
12:00昼休憩
同じ部署の営業マンと昼食を取りながら、情報交換。
13:00会議
現在施工中の定例会議に出席。
15:00会議
本社にて、次物件の入札に対する価格検討会議に出席。
16:00書類作成
入札に対する申請書等の作成。
18:00業務終了・帰宅
終了時間はその日によって変わります。
この日は、週末のゴルフコンペに向けて練習に行きました。

メッセージ

この就職難の時代で、就職活動をされているみなさんは、大変な苦労があると思います。
苦労をしてからの社会への一歩は、とても大きな自信に満ちた一歩になると思います。
旭工建は、みんなで汗をかき、みんなで喜びを分かち合う会社です。
自信に満ちた皆さんを、両手広げて待っています。
旭工建の「情熱」を感じて下さい。

先輩社員メッセージへ戻る

▲ページトップへ戻る